基本に忠実なグリーンスムージー

グリーンスムージーはいろいろ作れるけど、一番美味しいのはやっぱり基本に忠実なスムージー。

基本に忠実というのは、誰でも飲めてクセも少ないということ。

よくカフェや喫茶店でメニューとして出されてますよね?あれってクセがなくて本当に美味しく飲むことができます。

家で手作りするときもあんな感じのスムージーが作れたらいいですよね。

基本の野菜は小松菜

手作りスムージーの基本。野菜の代表と言えば小松菜です。

小松菜は栄養価が高くてクセが少ない緑の野菜です。

緑の野菜は細かく切ったりミキサーでドロドロにすると青臭さが際立ってしまうのが欠点。青汁とかって結構マズいですよね。

でも小松菜ならそれほど青臭さがありません。スムージー状にしても美味しく飲めます。

おまけに小松菜はそれほど値段が高くないのも手作りにはありがたいですね。

グリーンスムージーと言えば小松菜、というくらいスムージーには基本の野菜です。

基本の果物はりんご、バナナ

グリーンスムージーの基本の果物はりんごとバナナ。両方とも普通に食べても美味しい果物ですがスムージーにするともっと美味しい。

りんごとバナナの自然な甘さが緑の野菜の苦味とピッタリ合って何杯でも飲める美味しさです。

今回紹介した小松菜だけじゃなくてほうれん草などなどの葉物野菜とも合うのでいろいろなバリエーションが楽しめます。

甘さを少し強めにしたければりんごや果物の量を増やしたり、飲みくちをマイルドにしたければ牛乳や豆乳などをいれて一緒にミキサーしても美味しいです。

甘さが少し足りない時ははちみつを入れると効果的。

砂糖を使ってしまうと甘さが強すぎて角がたってしまいます。あくまでもグリーンスムージーは自然な甘さが美味しさの秘訣です。

基本の小松菜、りんご、バナナは間違いない美味しさ

グリーンスムージーの基本は小松菜、りんご、ばななです。

ここにゴボウ、マンゴー、キウイなど自分の好きな食材や変わり種を加える事で想定外の美味しいスムージーができることがあります。

たまに外れてイマイチな感じになることもあるけど、その意外な組み合わせで美味しく飲むことができたりすると、手作りスムージーを作った甲斐がありますね。

自分のお気に入りスムージーができるとスムージーがますます好きになっていきます。

これからもいろいろな食材を組み合わせて紹介していけたらと思っています。