ミントを入れた爽やかスムージー

最近、ミント食品が流行っていますね。

ミント自体は昔からある食材で、いろいろな料理の香料、アクセント、色出しとして使われています。

そんなミントがここ最近飲み物として注目されています。

それは「モヒート」という飲み物。お酒です。

ラムベースのカクテルで、ラムにミントを擦ったものを大量に混ぜてカクテルします。

飲み口が軽く、後味が爽やかで、どんな料理にもある飲み物として注目を浴びています。これからの夏の季節にピッタリのお酒です。

グリーンスムージーにもミントを取り入れる

そういったミントの流れは健康ドリンクやフレッシュジュースの分野にも進出しています。

味が濃かったりするわけでもないし、パクチーのような好みの分かれるクセがあるわけでもありません。

もちろん、苦手な人は中にもいると思いますが、万人受けするミントだけにミントスムージーも人気のスムージーになっています。

ミントスムージーの作り方

ミントスムージーも普通のグリーンスムージーと作り方は一緒です。

一緒にいれる食材は、あまり匂いの強いものじゃない方がいいでしょう。

ミントの爽やかなフレッシュ感を損ねてしまうし、お互いが主張しあって味がわからなくなってしまいます。

小松菜やほうれん草などクセの少ない緑の野菜を使用して、ミントも一緒に入れます。緑の野菜を他に入れる時は、ミントは一房(葉っぱでいえば30枚程度)入れるといいでしょう。

ミント以外に緑の野菜を入れない場合なら、もっと大量にいれることです。

ミントスムージーを作るコツは「ミントをケチらないこと」

果物の量が多くなると、果物の甘みで味がまったりとした飲み味になります。それはそれで美味しいのですが、今回のメインはミント。

ミントのスッキリとした爽やかさを堪能するために、ミントは多めに入れましょう。

普通のミキサーで作る場合は、ミントの葉50枚くらい入れても全然OKです。とにかくミントをケチらないでスムージーにすることで、後味爽やかなミントスムージーが誕生します。

これからの夏、甘ったるいスムージーはちょっと飲みにくいな、と感じたら、ぜひミントスムージーを試してみてください。

モヒートのように爽やかに飲むことができるので、結構ハマる飲み味になると思いますよ。

変わり種だけど流行りのアサイースムージー

変わり種だけど、今ものすごく流行っているスムージーはアサイースムージーです。

アサイーはベリー系の果物で、疲労回復効果と美容効果がとても高い果実として注目されている食材です。

シリアルや他の果物と一緒に食べる「アサイーボウル」も流行っていて、芸能人やモデルを中心に人気のある果実です。歌手の郷ひろみさんも毎朝アサイーボウルと食べて体調管理をしているみたいですね。

そんな健康・美容効果の高いアサイーですが、スムージーにしても美味しい果実です。

甘酸っぱいベリー系が後引く美味しさ

アサイーはそのままだけだと、少し酸っぱいだけの果実です。

そのためスムージーにするときは、リンゴやバナナ、はちみつなどと一緒にミキサーします。

このときバナナやはちみつの量を調節することによって、甘さを変えたり飲み心地を変えることが出来ます。

甘酸っぱさが爽やかな飲み味で、毎朝の朝食にピッタリのスムージーです。小松菜を主体としてグリーンスムージーよりも朝には合っているスムージーですね。

基本的にアサイーはあまり手にはいらない果物で、スーパーなどではあまり売っていません。

八百屋、果物屋とかコストコなどの大型店舗で販売されています。

ネットで注文することもできますが、コストコなどの大型店舗で買う方が値段も安くて住みますね。

ブルーベリーやヨーグルトなどとも相性がいい

アサイーはブルーベリーやヨーグルトなどとの相性も抜群です。

ブルーベリーは同じベリー系なので相性がいいのはわかると思いますが、甘酸っぱさがヨーグルトなどの乳製品ともバッチリ合います。

牛乳でも美味しく飲めるのですが、すこしサラサラし過ぎるので、スムージーの食感や飲み味を楽しみたいのなら、ヨーグルトといった少し固形になった食材とスムージーにした方が美味しいいですね。

アサイーには疲労回復効果がある

アサイーはもともと健康食品として注目されました。

眼精疲労に効果があって疲労回復効果もあるので、サッカーJリーグ横浜・M・マリノスの中澤佑二選手も疲労回復にためにアサイーを食べていたそうです。

今の生活はパソコンやスマホなど、何かと目を使う機会が多いです。

眼精疲労にも効果があるアサイーをスムージーにして、美味しく疲労を回復させて、健康と美容を維持するようにしましょう。

少し変化球系の手作りスムージーを作ってみよう

先日の記事で基本的な手作りスムージーをご紹介しました。

自分でも美味しく作れるスムージーは、いろいろな食材を組み合わせて本当に美味しいスムージー、意外な食品の組み合わせによるスムージー、様々なスムージーを作ることが出来ます。

小松菜、りんご、バナナが基本形なら、今回はちょっと変わった食材を使った「変化球系のスムージー」をご紹介します。

ゴボウを使ったスムージー

緑の野菜の代わりにゴボウを使ったスムージーです。

ゴボウ?と思うかもしれませんが、これが結構美味しいんです。

まずゴボウには食物繊維が豊富に含まれています。

小松菜で作るグリーンスムージー同様、ゴボウのスムージーも食物繊維が豊富なので、健康にもいいし腹持ちも申し分なしなのでダイエットに丁度いい野菜です。

また、飲み味も特徴的です。

独特の土っぽい感じがなんとも言えず後引く美味しさ。

土臭い嫌な感じでは一切なく、ゴボウ独特の食感と香りが面白い美味しさを生み出して本当に美味しい。一緒に入れるフルーツはバナナなど自然の甘みのあるものを選ぶと相性がいいですね。

少し甘さが足りない時は、はちみつなどを混ぜるとよりGOOD。

キウイを使ったスムージー

フルーツにキウイを使うのも意外な美味しさが引き出せます。

キウイは当たり前の美味しさの気がしますが、実は意外な美味しさになるんです。

独特の酸味が特徴で酸っぱさが全面にでるのですが、その酸っぱい感じが爽やかで、甘さが苦手な人にはお勧めできるスムージーです。

キウイだけだと酸味が強いスムージーになるので、ミルクなどと一緒にミキサーすると口当たりがまろやかになって、ずっと飲みやすいスムージーになります。

生姜を使ったスムージー

これは変わり種スムージーになりますが、生姜を使ったホットスムージーです。

りんご・はちみつ・生姜を入れて、お湯をいれてミキサーします。小松菜を入れても相性が合いますよ。

スムージーの食感を残すためにお湯の量は少なめにしてスムージーを作りましょう。

体の芯から温まるホットスムージーの出来上がりです。

スムージーというと春~秋によく飲まれる飲み物ですが、生姜のホットスムージーは寒い冬にピッタリのスムージー。

冬の寒い朝に生姜のホットスムージーを飲むだけで、体は温まるし健康的に過ごせるのでお勧めですよ。